女性

費用が安いお墓|納骨堂には様々なタイプがある

お墓を守る人がいない時

線香

京都で永代供養をしている寺院や霊園では遺骨を屋内の納骨堂や屋外のお墓に納めて供養しています。納骨堂やお墓は夫婦や家族で入ることも可能となっており永代供養の費用は納骨するタイプで異なっています。京都の永代供養は予算や立地、納骨のタイプを考慮して選ぶようにしましょう。

海のない地域の散骨とは

お花

没後は、自然に帰りたいと希望する人が多くいます。そんな人たちに人気なのが、樹木葬形式の霊園です。永代供養料も安く、地元の墓地で永眠することができるとあって、内陸の埼玉県内で人気を高めています。新しく作られた樹木葬墓地は、お墓というよりガーデニング公園のイメージです。

お墓も多様化する時代

数珠

新しいタイプの安置施設

お墓というと、霊園または墓地と呼ばれる施設内に地所を購入し、そこに墓石を建てて遺骨を納めるというのが一般的です。しかし最近では、さまざまなタイプのお墓が見られるようになっています。その1つに、納骨堂があります。納骨堂は1つの建物の中に数十、あるいは数百といった単位で遺骨を安置する施設です。かつては遺骨の一時的な保管場所として利用されていましたが、現在では恒久的な安置施設として利用されています。納骨堂にはさまざまなスタイルがあります。最もポピュラーなのは室内にロッカー式の納骨壇が並べられていて、中に骨壺が置かれているというものです。比較的大きな施設だと、屋外の霊園と同規模の墓石が室内に並んでいるものもあります。中には参詣場所と保管場所か完全に分離していて、機械を操作すると遺骨がベルトコンベアに乗って運ばれてくるといったハイテク仕様のものもあります。納骨堂には公営及び民営の2種類があり、民営の場合はさらに霊園に付属しているタイプと寺社が管理しているタイプとがあります。寺社管理であっても、宗派は不問としているところが少なくありません。費用は初期費用プラス年間管理費というのが一般的ですが、利用開始時に永代使用料を含めたすべての費用を一括払いできるものもあります。そのため、子供のない個人や夫婦が、自分たちのお墓が将来無縁になってしまわないよう、生前に納骨堂への安置を手配しておくといったケースが最近は増えてきています。

お墓のスタイルと選び方

手

自身の将来を考えて、永代供養というすたいるを選ぶ人が増えています。京都市内には、永代供養に対応している霊園が豊富です。墓守をする人がいなくてもしっかりと供養や管理をしてもらうことができる点が注目されています。