男性

費用が安いお墓|納骨堂には様々なタイプがある

お墓を守る人がいない時

線香

供養の種類

永代供養とは、寺院や霊園が家族や親族がいない方の遺骨を預かって埋葬し供養することをいいます。京都の寺院や霊園では預かった遺骨を納めるための屋内の納骨堂と屋外のお墓を設けています。屋内の納骨堂はロッカー式、機械で作動する稼働収納式、一般的な仏壇のような形式のものがあります。これらには一人の遺骨だけ納めるもの、夫婦で入れるものなどがあり、自分の希望のものを選ぶことができます。屋外の納骨堂は一般のお墓のような形式になっておりお参りすることもできます。永代供養は一般の霊園やお墓のような後継者がいないので一定の期間が過ぎたら、他の方の遺骨とともに合同の墓に移されて供養されています。一定期間は寺院や霊園によって違いがあり、17回忌、33回忌、40回忌などを節目として合同のお墓に移しています。永代供養を京都の寺院や霊園に依頼するときは、納骨料や永代供養料という名目でお金を支払うことになります。金額は遺骨を納める納骨堂のタイプによって異なり数十万円から数百万までと幅があります。永代供養をしている京都の寺院や霊園では宗教や宗派を限定せずに募集しているところがあります。また、家族や兄弟なども一緒に永代供養をしてくれる京都の寺院や霊園もあり、一緒の納骨堂やお墓に入ることが可能です。従来のお墓は見守る人がいなくなると無縁墓になってしまいますが、永代供養を依頼すれば最後は合同のお墓に移されても寺院や霊園が供養を続けてくれますので安心です。納骨堂やお墓のタイプ、費用、一人又は家族も永代供養するのかなどを考えて決めるようにしましょう。