男性

費用が安いお墓|納骨堂には様々なタイプがある

海のない地域の散骨とは

お花

地元志向のお墓

一時話題となった海上への散骨が、今新しい形に代わろうとしています。海、森林に限定されていた散骨が、公園墓地でも認められるようになったためです。新しい散骨の形は樹木葬として一般化されつつあります。海への散骨は、船をチャーターしたりと結構費用が嵩みました。しかし、樹木葬の墓地は、永代供養料が10万円代からと、比較的安く上がります。そのため、この手の霊園は、埼玉県のような内陸で人気を高めています。現に埼玉県内では、樹木葬のできる霊園を調べると、20か所以上見つかります。埼玉県内でも、以前から散骨希望は多かったのですが、海のない県であるため、実際に行う人は少なかったと言います。それが、法律が代わって樹木葬が認められると、NPO法人などが運営する公園墓地形式の霊園が数多く設立されました。埼玉県内の樹木葬霊園は、いずれも新しく、お墓というより市民の憩いの場という雰囲気がぴったりです。花やハーブが植えられた霊園の中をゆったり散歩する人も大勢います。樹木葬墓地は、海への散骨と違って、墓標がしっかりしていることが、一つの安心感となるようです。他の墓所を差し置いて、樹木葬霊園が人気を高めています。また、樹木葬霊園の中には、ペット一緒に入れるお墓もあり、この種類のお墓も問い合わせが多いとのことです。跡継ぎがいない、実家のお墓が遠すぎるなどの理由で、地元の樹木葬霊園を希望する人が増えていると言われています。